• 大正15年大阪市西区にて個人創業、昭和14年に東大阪から西淀川区御幣島に工場を移転、昭和22年に株式会社安部磨鐡工場を設立。 
  • 創業以来、機械構造用炭素鋼・合金鋼の冷間二次加工、いわゆる構造用鋼の磨棒鋼製造を業としたが、1970年代になり主品目を構造用鋼からステンレス鋼に商品転換し、日本国内では極めて稀なステンレス磨加工専業メーカーとなった。
  • 1990年代に入りバブル崩壊により、且つ、円が$1.00当たり140円台から110円台に高騰するなど為替変動もあったので国内生産を断念、台湾鉄鋼メーカーとの合弁企業として全設備を移管、5年間に亘る技術移転を施し、日本並みの品質を可能ならしめた。
  • 1996年に法人を改め、本社を宝塚に移転、主に台湾の合弁工場から磨棒鋼製品を輸入し、OEM生産した鋼材を日本のみならず海外にも販売、単なる輸入販売業ではなく、品質保証・サービスを含めた製造業 [製造部分はOEM外注、品質保証は自社責任] 形態を立ち上げた。
  • 2010年に安部誠先代社長が他界したことにより、長女薫子が新たに東京に法人設立、従来の商権のみを継承し、新法人を立ち上げ、海外に於ける製造拠点設立構想も視野に入れて台湾材を中心に拡販。
  • 2015年、新規販売先が圧倒的に西日本に集中した為、関西営業所を宝塚市に開設。現在に至る。